Google Analytics 4でレポートの自動メール送信

GA4概要

2020年10月、Google Analyticsに大きなバージョンアップがありました。その際、新しいバージョンを「Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)」、過去のバージョンを「ユニバーサル アナリティクス プロパティ(UA)」と名前付けしているようです。
GA4とUAの違いを解説した記事はたくさんあるので取り上げませんが、収集データの考え方や操作するUIについてもかなり変更があるようです。
現在はGoogle Analyticsを新しく開始すると既定でGA4になるようですが、UAに戻すことも可能とのこと。

レポートメールが自動送信できない??

UAにあったカスタムレポート機能にて週ごとにレポートをPDFで送付する機能がありました。(簡易的にアカウントの無い関係者に自動通知したいときに便利)
GA4ではカスタムレポートが作成できなくなり、新しく分析機能が追加されたようです。
分析機能ではカスタムレポートのような利用ができるのですが、共有する際にレポートメールを定期送信する設定が見当たりません。(本当は探したらあるのかもしれない)
UAに戻せばカスタムレポートを利用しメール送信できるのですが、いまさら推奨されていない古いバージョンに戻すのも気が引けるので、なんとかならないか調べました。

データポータルを利用すれば似たようなことができる

Googleのデータポータルというサービスがあります。いろんなサービスをデータソースとし、簡単にデータの可視化、レポートの作成ができるというもの。
このレポートがメールの定期送信に対応しており、GA4をデータソースとしたレポートをデータポータルで作成することによりUAの時と同じような通知が可能なようです。

データポータル利用からメール送信まで

データソースの作成

  • GoogleAnalyticsにログイン(既に利用している前提)
  • 右上メニューのサービスの切り替え
  • データポータルを選択
  • 左上の「作成」ボタンからデータソースの作成
  • 接続できるサービスが一覧から選択できるので「Google アナリティクス」を選択
  • アカウント>プロパティを選択し、「接続」ボタン
  • データソースが保存され詳細が表示される(デフォルトで問題ないので左上のアイコンからTOPへ戻る)

レポートの作成

  • TOP画面からテンプレートギャラリー>もっと見るから一覧へ
  • analyticsと検索し表示されたテンプレートから選択(今回はGoogle Analytics Behaviors Overviewを選択)
  • イメージが表示されるので問題なければ右上のこのレポートのコピーを作成
  • データソースを選択できるので、先ほど作ったデータソースを選択し「レポートをコピー」
  • 選択したテンプレートにデータソースを変更したレポートが表示されるので、最後に名称などを変更する

人気記事一覧のデータの変更

データソースがGA4だからかわからないですが、人気ページ一覧の円グラフや表がイベント情報になっています。


該当の要素を選択すると右側にデータソースの変更ができる画面が表示されるので、ディメンションを「イベント名」から「ページタイトルとスクリーン名」に変更するとページごとの分析に変わります。

レポートのメール配信

レポートを表示している状態で右上の「共有▼」を押下し「メール配信をスケジュール」を選択します。


すると宛先や開始時刻、リピートの設定ができる子画面が表示されるので、好みの設定を行いスケジュールボタンを押下します。

チャットサービスなどへ自動配信

Microsoft Teamsではチャネルごとにメールアドレスが設定されています。
そのメールアドレスを配信先に設定することで自動でチャネルにレポートが配信されることになります。

さいごに

今後のGoogle Analytics的にはデータの可視化はデータポータルを利用してくださいという流れなんでしょうか。
確かに少し触った感じデータポータルは簡単に操作できそうなので、細かくレポートの作成などもできそう。

>

株式会社ユニフェイスは製造業向けのシステムを開発している会社です。
紙運用からの脱却やIoTデバイスなどを利用した実績自動収集、リアルタイムな情報共有など製造現場の最適化をご提案しています。


株式会社ユニフェイス
製造実行システムとは?
製造実行システムIB-Mes
見える化システムIB-Skin