YAMAHA WLX402からWLX313へ設定送信しようとすると「処理を中止しました」エラーが発生する

背景

YAMAHA WLX402を1台コントローラとし、WLX313を9台メンバーとして設定するため、コントローラの設定、メンバーの設定、無線設定までは問題なく進めたが、コントローラからメンバーに設定送信する際に、「処理を中止しました」エラーが発生し設定送信が行えなかった。

解決

以下のYAMAHAの解説にある通りファームウェアのバージョンを満たしていないとサポートされていないことがわかった。
WLX402 無線LANコントローラー機能-3. 対応機種とファームウェアリビジョン

  • WLX402のファームウェア「Rev.17.00.12以降」
  • WLX313のファームウェア「Rev.18.00.06以降」

各端末のファームウェアアップデートを行うことで正常に設定送信できるようになった。

その他備忘録

今回WLX402の上位にRTX1210を配置していたが、RTX1210のL2MS機能(LANマップ/ツリーなど)にWLX402やWLX313が全く認識されない状況に陥った。原因は同一ネットワークにUTMが設置されており、UTMのファイアウォールにL2MSが阻害されていた。ファイアウォールにL2MSプロトコルを通過させる必要がある。
L2MS – L2MSのプロトコル

>

株式会社ユニフェイスは製造業向けのシステムを開発している会社です。
紙運用からの脱却やIoTデバイスなどを利用した実績自動収集、リアルタイムな情報共有など製造現場の最適化をご提案しています。


株式会社ユニフェイス
製造実行システムとは?
製造実行システムIB-Mes
見える化システムIB-Skin